マンションデータベースを"ど"わかりやすく

がんばるマーキュリー 薩摩だワン
955

マーキュリーDataNews5月号

マーキュリーのマンションデータベース(5月時点)   【新築時マンションデータ(物件)】 関東:31,417物件 | 関西: 6,145物件 | 東海: 2,129物件    【新築時マンションデータ(住戸)】 関東:1,706,572戸 | 関西: 461,551戸 | 東海:100,917戸    【新築時カラーパンフレット・図面集データ(物件)】 関東:22,315物件 | 関西:5,624物件 | 東海:1,969物件    【中古流通マンションデータ(住戸)】 関東:865,114戸 | 関西:134,235戸 | 東海:32,189

マンションに関わることを"ど"わかりやすく紹介

ビジネスハック

2016.5.30

誰でも簡単に作れちゃう!マンション広告バナーの作り方

 

 

こんにちは、タマです。

 

最近ありがたいことに

お仕事でマンション広告バナーを
作成させていただける機会が増えました。

 

個人的にバナー制作は
好きなお仕事の1つです。

 

仕事では、

依頼主が「伝えたい文言」「使いたい写真」を指定し、
こちらは
与えられる素材を使って指示通りにバナーを作成します。

 

もちろん、配置や色使いはデザイナーである私の仕事なので、
依頼主から細かい指示がないことが多いです。

 

年間最低でも200個以上はバナー作成依頼があるので、
こんな数を予備知識なしに
それぞれ一個ずつ作成するのは中々大変ですし、
時間もかかります。

 

…ですが!
マンション広告バナーを山ほど作成してきた私は

 

 

ついに…
マンション広告バナーの作成パターンポイントを発見しました!

 

このパターンとポイントを把握したうえで、
いくつかのルールに則ってデザインすれば、
誰でも短時間でカンタンに作れちゃうんです!

 

 

素材を問わず、物件の特徴を問わずに作れちゃうのが、このルールのいいところ。

 

…つまり。

 

このルールを知っていれば、フリー素材でもマンション広告バナーが作れちゃうのです!

 

ということで、

 

架空マンション広告バナーを作ってみようと思います。

 

 

そもそもバナーって何?

 

って方の為に説明します。

 

 

インターネット広告のうち、画像やアニメーションによって表現する広告の総称です。

 

がんばるマーキュリーのトップページでいう

こちらです↓

 

がんばるマーキュリー:トップページ

がんばるマーキュリー:トップページ

 

 

様々な広告があるわけですから、
バナーの種類も
「新商品が出た」と告知し、認知させるバナーや

「今なら送料無料」と告知し、あわよくば商品購入まで行動させるバナー等、
業種によって色々あります。

 

 

bn3

それに加えてバナーサイズも

 

bn2

四角い300×250のバナーや横長の728×90、縦長の300×600…etcと

WEBサイトの表示スペースに合わせて色々あります。

 

 

マンション広告バナーのポイント

 

今回作ろうとしているものは
マンション広告バナーなので、

 

 

「マンション購入」をしてもらいたい
「資料請求」をしてもらいたい
「モデルルーム見学」にきてもらいたいという

 

行動を起こす為の導線の役割を果たさないといけません

 

なので、バナーの内容には
導線となる

・マンションの写真→「画像」
・マンション名→「名称」
・不動産会社名→「社名」
・マンションのキャッチコピー→「タイトル」
・マンションの説明文→「テキスト」
・駅名、徒歩〜分→「そのマンションで伝えたいこと」
・「詳しくはこちら」「詳細はこちら」「資料請求受付中」ボタン→「クリック誘導」

 

といった要素をいれれば良いのです

 

これらを踏まえ

パソコンとスマートフォン共通で推奨されている普及率の高い
300×250サイズのバナーを作っていきたいと思います。

 

 

実際につくってみる

使用ツールはPhotoshopでもIllustratorでもPowerPointでもExcelでも何でも良いです

 

 

300×250のサイズで画像保存が出来ればOK

私はPhotoshopで作っていきます。

 

まず最初に300×250の枠を作ります。
ちなみに単位はピクセル指定です。

 

バナーに要素を並べる

bn4

バナーの枠内に要素を並べてみます。
bn5

 

バナーに写真をあてはめる

 

このフリー素材を使います。

 

01b2ac27bfaca90be6490d5360140043_s

 

バナーに写真を当てはめてみます。

bn6

見づらいのでレイアウトを変えていきます。

 

 

写真に合わせて要素を配置してみる

 

写真の良さを潰さないように注意しながら、要素を伝えたい順にレイアウトしていきます。

 

bn7

 

ここでポイント

人は物を見るとき「Z」の順で見ていくので
クリック誘導は右下に配置しましょう!

 

右下に「クリック誘導」を配置することで

その先に答えがあると示唆します。

 

 

見栄えを良くする

 

ここからは配色、
フォントの統一など
デザイン技術や感覚が絡んできますが、

まず文字が見えないと伝わらないので

文字を目立たせます。

 

bn8

 

目立たせるポイントとしては

黒には白、濃い灰色には白、濃い赤には白
と、いうように

画像と文字とで対照的な配色にすることによって
文字が目立ちます。

文字の大きさも、伝えたい要素の順で変化させると良いです。

 

見栄えよくする:応用編

 

あとは目立たせる文字を大きくして強調したり
文字を装飾してみます。

 

 

 

bn9

結構見栄えが変わりましたね。

 

参考までに、私はPhotoshopの機能を使いました

 

・フォント→リュウミンに変更

・全戸南向き→文字の下にグラデーションの四角い背景を配置

・6月新発表→文字の色を白にし、外側に光彩のエフェクトをかける

 

 

bn10

ただ要素を並べただけの画像が
ポイントをおさえて作成することで一気にバナーっぽくなりました。

 

 

使う要素はこのままで

写真をかえて、それにあう色と装飾を変更してみると

 

bn11

 

バナーになりました!!!

 

つまり、これら要素が揃えば
写真を変えても見栄えを整えるだけで

色んなバナーができちゃうという訳です!

 

 

 

まとめ

マンション広告バナーを作るときは

 

・マンション名→「名称
・不動産会社名→「社名
・マンションのキャッチコピー→「タイトル
・マンションの説明文→「テキスト
・駅名、徒歩〜分→「そのマンションで伝えたいこと
・「詳しくはこちら」「詳細はこちら」「資料請求受付中」ボタン→「クリック誘導」等の

 

伝えたい要素をすべて含めさえすれば

あとは写真は何であれ、それに合わせた配置や配色をするだけで

マンション広告バナーを作成できるのです!

 

 

 

※ただし一般的なバナーのレイアウトを使用している為、
申し訳ありませんが独創性はありません(^-^)b

 

 

次は
○○系のバナーっぽい
マンション広告バナーを作ってみたいと思います。

この記事をSNSでシェアする

4万棟(220万住戸)の大規模データベースを保有!株式会社マーキュリーを徹底解剖!

会社案内ダウンロード(無料)