マンションデータベースを"ど"わかりやすく

がんばるマーキュリー 薩摩だワン
1448

マーキュリーDataNews5月号

マーキュリーのマンションデータベース(5月時点)   【新築時マンションデータ(物件)】 関東:31,417物件 | 関西: 6,145物件 | 東海: 2,129物件    【新築時マンションデータ(住戸)】 関東:1,706,572戸 | 関西: 461,551戸 | 東海:100,917戸    【新築時カラーパンフレット・図面集データ(物件)】 関東:22,315物件 | 関西:5,624物件 | 東海:1,969物件    【中古流通マンションデータ(住戸)】 関東:865,114戸 | 関西:134,235戸 | 東海:32,189

マンションに関わることを"ど"わかりやすく紹介

ビジネスハック

2016.3.1

【Photoshop】物件写真を明るく見やすく綺麗に見せる

 

 

どうもこんにちは、
タマです。

 

 

部屋の写真を撮ったときに

 

・暗い、影が邪魔だ

・写真が暖色すぎる

・とにかく色が変

 

と、困ったことはありませんか?

 

そんな時は、画像を加工するだけで、簡単に見栄え良く修正できます。

 

そこで今回は、私がいつも仕事でお世話になっているPhotoshop先生を使って、物件写真を明るく&見やすく&綺麗に見せます!
 

暗いバスルームを明るくする:明るさ・コントラスト

before
ちょっと暗めなバスルームですねー
これを先生の力を借りると
after
こんな感じに綺麗に見えます。(明るく見やすくなったね)

 

Photoshopで何をしたかというと…

 

1.起動

akaruku1

2.イメージ→色調補正→明るさ・コントラスト
akaruku2
明るさの数値をいじる(ここでは46くらいあげてます)

もうこれだけでもスッキリ明るくなってますね
面倒臭がりの方はこれだけでもOKです♪

 

私はその後に

暗いバスルームを明るくして更に綺麗にする:シャドウ

akaruku3

3.イメージ→色調補正→シャドウ・ハイライト で
akaruku4
シャドウを40%くらいにします。

 

そうすると
こんな感じになりました。

tama
黒ずみが取れましたね

 

写真の修正に関しては

フォトショがあれば

大概のことはできます。

 

さて
その次は↑上記の写真と色味をあわせてみましょう。

と、いうことで

 

部屋の照明の色味を変える:レンズフィルター

akaruku5
ちょっと暖色の照明が使われてるような
黄味がかったキッチンの画像を

落ち着かせます。

after2

黄ばんでたキッチンが白く見えますね
スッキリ。

 

ここでPhotoshop登場

先生今回も宜しくお願いします
1.起動
2.色調補正→レンズフィルターを選択
akaruku6
その下にフィルターを選択するところから
akaruku7
フィルター寒色系を選ぶ(お好みで)

 

元の写真は黄味がかっていたので、青系で打ち消そうということで
私は「フィルター寒色系(B2)」でいきます
適応量は38%くらい。

ここの数値も好みです 好きにいじってください。
akaruku8
面倒臭い方はこれだけでも黄味がかった写真が
落ち着いたのでOKですね。

 

その後私は
3.色調補正→明るさ・コントラストで
メリ ハリをつけます

じゃんっ

 

akaruku9
明るさ+36までぶっ飛ばしたので
コントラストを-13まで落とします。

 

これが メリ ハリ です(私の)

 

他にも色々やり方がありますので、ざっくり紹介します。

 

 

 

部屋の照明の色味を変える:トーンカーブ、レベル補正

「色調補正→トーンカーブ」 RGBのところをブルー上げてレッド下げる
akaruku10
ちょっぴり面倒臭かったので 面倒臭がりな方にはオススメしません。

 

「色調補正→レベル補正」

これも同様RGBのスライドバーをいじり倒します。
akaruku11
もはや色味の好みは感覚で決めています

 

見やすい、分かりやすいを重点に置いて決めてください。

 

不動産物件を撮影したけど暗すぎる〜

って時とかに

万能Photoshop先生に頼ってみましょう。

 

 

いかがでしたか?

次回は、「部屋に写り込んでしまったゴミ、余分な物を消す」記事をお届けします。

この記事をSNSでシェアする

4万棟(220万住戸)の大規模データベースを保有!株式会社マーキュリーを徹底解剖!

会社案内ダウンロード(無料)