マンションデータベースを"ど"わかりやすく

がんばるマーキュリー 薩摩だワン
2737

マーキュリーDataNews9月号

マーキュリーのマンションデータベース(9月時点)   【新築時マンションデータ(物件)】 関東:31,666物件 | 関西:6,206物件 | 東海:2,159物件    【新築時マンションデータ(住戸)】 関東:1,720,095戸 | 関西:465,962戸 | 東海:101,886戸    【新築時カラーパンフレット・図面集データ(物件)】 関東:23,252物件 | 関西:5,681物件 | 東海:1,994物件    【中古流通マンションデータ(住戸)】 関東:967,579戸 | 関西:151,299戸 | 東海:35,846

マンションに関わることを"ど"わかりやすく紹介

マーケティング

2017.9.12

マンションで行われている植栽計画を完成予想図と現状を比較してみた

エコヴィレッジ平和台

このマンション、すごいんです。
コッペに「植栽に注力されているデベさんと言ったらリブランさん」と、教えてもらったので早速リアナビで調べてみました。

 

マンションカタログからパンフレットをざっと見ていると、エコヴィレッジ水天宮のパンフレットにザ・ステイツ平和台の外壁がツタで覆われている写真を見つけました。

 

パンフレットは載せられないのでイラストで抜粋

とにかくびっくりしました。
古びた洋館やオシャレなショップなどの外観がツタで覆われていることは安易に想像できますが、マンションの外壁がツタで覆われていることってあるんですね!!

 

リブランは壁面が緑で覆われていることを、外壁緑化といい、つる性の植物を這わせることで建物の温度上昇を防いでいるそうです。
バルコニーに緑のツタが覆われていることを緑のカーテンといい、陽射しを遮蔽する意図があります。
自然の力を利用して、体感温度を快適な方へ導くシカケがたくさん考えられています!奥が深いですね!

 

冬になったら緑のカーテンはないと思いますが、今は夏なのでリブランは温度上昇を防ぐ取り組みをしていると思います!
今、リブランの緑のカーテンや外壁緑化は果たしてどうなっているのでしょうか!?

 

実際にこの目で確かめるために、パンフレットに載っていたザ・ステイツ平和台のある平和台へと向かいました。
ザ・ステイツ平和台周辺にも、エコヴィレッジ平和台というリブランのマンションがあったので、2つの物件を見てこようと思います!!

 

まずはエコヴィレッジ平和台から見て行きます!

 

エコヴィレッジ平和台は平和台駅から徒歩10分に建つマンションで、2012年3月に竣工したそうです。と、いうことは築5年くらいになりますね!
この物件のパンフレットを見る限り、外観がツタで覆われている印象はありませんでした。
ですが、ベランダに緑のツタを張って陽差しを遮る取り組みをしている図を見つけたので、そこに注目して見て来ようと思います。
 

到着しました平和台!!今まで見てきた土地感とは全然違い、のどかです。
 

歩行者専用道路と車両専用道路が広く、ゆとりがあります。思わず地元の静岡を思い出してしまいました。
 

平和台駅から徒歩10分くらい歩いたとき、エコヴィレッジ平和台を発見しました!住宅街の中にあるマンションなので外観からは全く緑の感じが想像つきません。
マンションの横側から見ているので、正面に回って見てみたいと思います。
 

ベランダから緑のツタを張り巡らせているお宅もあれば、枯らしてしまっているお宅、全く設置されていないお宅もありました。
やはり、緑のツタを維持するのが大変なのでしょうか。
違う方向からも見てみます。
 

!?なにこれ!?!?!!?!??!!

 

マンションの屋上から緑が垂れ下がっている!?それとも、草が外観に這っている!?謎は深まるばかり。
できる限り近くまで寄ってみたいと思います。
 

金網か、もしくは丈夫な網がマンションの外壁にズラーっと取り付けられて、そこに緑のツタが巻き付いています!
すごい…マンションの外観から緑のツタが張り巡らされている物件を初めて見ました。大興奮です!!
外壁だけでなく、マンションの階段の部分でしょうか、そこにも網と緑のツタが巻き付いている様子が見えます。
 

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

 

10階建のマンションの上から2階くらいまで緑のツタが張り巡らされているではないですか!!
こんな光景見たことない!マンションに緑のツタの外観って斬新。タワーマンションに緑のツタが張っている想像をしたら面白くなりました。リブランさん素敵、タワーマンション建てちゃうデベさんと組んで、是非ともエコヴィレッジ化させてください。
 

拡大して見てみました。
つるが伸びる植物はヘチマ、ゴーヤ、朝顔など色々ありますが、この葉っぱの形状はへデラの種類であるような気がします。
比較的育てるのは簡単らしく、日陰でもぐんぐん育つようなので伸びすぎ&増えすぎて困ることがあるそうです。最近、育て始めた朝顔を枯らしてしまったので(多分肥料のあげすぎ)、ズボラな私が緑のカーテンを作ろうと思ったら、もちろんへデラの種類の苗で育てたいと思います!

 

エコヴィレッジ平和台には緑のカーテンを実施している住民や外壁緑化されて、ちゃんとエコに取り組んでいました!
築年数が浅いので、数年後にまた見に来たいですね。

次に見に行くザ・ステイツ平和台のマンションは築15年です、果たしてこのマンションの植栽の現状はどうなっているのでしょうか!

ザ・ステイツ平和台

ザ・ステイツ平和台は平和台駅から徒歩13分に建つマンションで、2002年5月に竣工されているようです。ということは、築15年くらいになりますね!
エコヴィレッジ平和台から割と近かったのですぐ到着しました。
 

これが築15年?ってくらい外観が綺麗なマンション。
そのベランダからは日除けシェードを設置しているお宅から、ちゃんと緑のカーテンを使っているお宅もありました。
 

ベランダから日が当たる所全てに緑のカーテンを設置している方もいます。
きっと、真夏でも体感温度はものすごく涼しく感じられそうですね!
違う方向から見て見ます!
 

やはりザステイツ平和台でも外壁にツタが這られていますね!エコヴィレッジ平和台よりはツタの量的に少ない気もしましたが、築15年経っても、リブランのエコへの取り組みは健在です!
そう思っていましたが
 

1階から2階の天井までの外壁のツタがすごいボリューーーーーームです!!!!!!!
これ、7階まで網を設置したらぐんぐん伸びていきそうな勢いがあると思います。
 

拡大してみると、エコヴィレッジ平和台よりも半端ないツタのボリューム感です。
きっと、このツタは建物の温度上昇を防ぐだけでなく、外部からプライバシーを守る役割もしているんですね

やはり、同じリブランの物件でも、築年数が経っているマンションの植栽の方が、ボリューム感があってもりもりしています。
リブランのマンションを見て、タワーマンションでも外観がつる性の植物に覆われているマンションを見てみたいと思ったので、なんかヴィンテージなタワーマンションの外壁全てにツタを這り巡らせてくれないかな〜
なんて考えてしまいました。

いかがでしたか?

パンフレットに載っているマンションの植栽計画の完成予想図では、築年数が浅いほど完成予想図とはほど遠いものでしたが、
築年数が何十年と経っているマンションの植栽は、森のように、そしてものすごいボリュームで木々や植物が勢いよく育っていることがわかりました。

 

今築年数が浅いマンションでも、これから何十年という月日をかけて植栽が大きくマンションを華やかにしていく様を想像するだけで、楽しみでしょうがないです!

 

この成長していくことへの期待感こそが、マンションに於ける植栽計画の醍醐味なんじゃないかな、と思いました。

 

最近朝顔を枯らしてしまったので、今は観葉植物のパキラを育てたいと思っているタマでした。

1 2 3

この記事をSNSでシェアする